PHASTAR Japan - Six Month Update

(English follows Japanese)

 私たちの最初のアジアオフィスであるPHASTARの日本オフィスはこの度6ヶ月の「記念日」を過ぎました。このオフィスはPHASTARの戦略的なオペレーションの中核として機能するように設立され、オーストラリアのオフィスを補完してアジア太平洋地域のスポンサーをさらにサポートすると同時に会社の5カ年計画の重要な要素です。これまでのところエキサイティングで忙しいものでした。COVID-19はもちろん私たちの働き方やスポンサーとのコミニュケーションに変化が見られました。

新しい日本オフィスを率いるPHASTARのディレクターである原頼安は、PHASTARの日本における事業戦略(事業開発、臨床試験プロジェクトの実施に関する計画やプロセスの立案、スタッフの採用と育成、その他の分野の事業成長)を担当し、日本およびアジア市場におけるPHASTARのサービスの認知度が高まるよう努めます。原はまた、日本チームのメンバーを管理し、プロジェクトの監督に関与して、臨床試験プロジェクトが最適な品質で合意されたタイムラインに確実に提供されるようにします。

コロナ禍の真っ只中に日本オフィスが開設されたにもかかわらず、過去6ヶ月は信じられないほど生産的で、やりがいがあり、また成功を収めてきました。原は候補者の選考をサポートし、複数の領域での臨床試験をサポートするビジネスの提案を作成し、進行中の臨床試験プロジェクトを主導してきました。さらにDIA JapanやPhUSE SDE (Single Day Event) Japanを含むいくつかの主要な会議でPHASTARの代表として参加し、スポンサーとのミーティングを調整し、今年私たち全員が慣れ親しんだ仮想プラットフォームを採用しています。これらの変更は課題もありましたが、私たちはこれらの課題に正面から向き合い、成功し、成長を続けてきました。

もちろん、2020年の最大の課題の1つは、COVID-19のパンデミックでした。これは、世界中で進行中および計画中のほぼすべての臨床試験に影響を及ぼしました。患者の診察に必要な変更をするために、クライアントと協力して、既存の臨床プロトコルとデータ収集フォームを迅速に修正し、代替の患者評価とデータ収集に対応しました。主に患者や医療スタッフへの感染のリスクを減らすために、いくつかの試験は一時的に中止または延期されました。 PHASTARでは引き続きCOVID-19試験に優先順位を付け、試験の変更によりスポンサーをサポートし、迅速なデータベース開発、効率的な臨床試験のデザイン、規制当局との継続的なコミュニケーションを支援します。

アジアは難しい市場であり、ローカルの技術的に優れたプロバイダーへを探すことはスポンサーにとって最も重要です。統計コンサルティング、臨床試験のレポーティング、データマネージメント、データサイエンスにおけるPHASTARの高品質のサービスは、長年の知識・経験に支えられており、アジアでの製薬、バイオテクノロジー、医療機器企業の様々な組み合わせをサポートするのに最適です。

 

PHASTAR's Japan office, our first Asian office, just passed its six-month 'anniversary'. This office was set up to serve as a strategic operations hub for PHASTAR, complementing our Australia office to further support our Asia/Pacific sponsors and is a key component of our five-year plan. It has been an exciting and busy, so far – COVID-19 has of course seen a change in how we work and meet sponsors, while we continue to modify our approach to focus on our continued growth during these uncertain times.  

Leading the new office, Ryan Hara, PHASTAR’s Director of Biometrics is responsible for delivering PHASTAR’s business strategy in Japan – business development, plans and processes for delivery of clinical trial projects, alongside staff recruitment and development as well as other areas related to business growth, increasing awareness of PHASTAR’s services in the Japanese and Asian markets. Ryan also manages the senior technical members of the Tokyo team and is involved in oversight of projects to ensure clinical trial projects are delivered to agreed timelines with optimal quality.

Despite the Japan office opening in the midst of the COVID-19 pandemic, the past six months have been incredibly productive, rewarding and successful. Ryan has been involved in assisting in candidate selection for the PHASTAR Japan office, develop business proposals supporting clinical trials in multiple therapeutic areas, and leading ongoing clinical trial projects. Additionally, Ryan has represented PHASTAR at several key conferences including DIA Japan and PhUSE SDE Japan – tailoring our usual approach to meeting sponsors and embracing the virtual platforms we have all become used to this year. Whilst these changes to our usual busy events calendar have been a challenge, we have met these challenges head on and continued our successful growth.

Of course, one of the biggest challenges of 2020 has been the COVID-19 pandemic, which affected nearly all ongoing and planned clinical trials globally. To account for necessary changes in patient visits, we worked with clients to rapidly adapt and amend existing clinical protocols and data collection forms to accommodate alternative patient assessments and data collection. Several trials were temporarily halted or delayed as to primarily reduce the risk of infection to patients and research staff. At PHASTAR, we continue to prioritise COVID-19 trials and continue to support sponsors with modifications to their trials and help with rapid database development, efficient trial design and ongoing communications with regulatory agencies.

Asia is a challenging environment, where access to local, technically excellent providers is of paramount importance to sponsors. PHASTAR’s award-winning services in statistical consulting, clinical trial reporting, data management and data science, underpinned by 4,000 years combined technical experience is perfectly placed to support Asia’s eclectic mix of pharmaceutical, biotechnology and medical device companies.