COVID-19(新型コロナウイルス感染症)

新型コロナウイルス感染症パンデミック下の協力体制

PHASTAR では、新型コロナウイルス感染症の世界的パンデミックをできる限り迅速かつ安全にコントロールすることが至急の課題であることを理解しています。

全世界のスタッフが在宅勤務を行えるようにする手段を講じ、サーバー機能も強化しました。 PHASTAR のシステムでは中断なく効果的なリモートワークが可能であり、スタッフはテレビ会議や電話で継続的に連絡を取り合っています。

さらに、世界保健機関(WHO)と地方自治体のガイドラインに基づき、すべての出張は今後通知があるまで中止されています。 PHASTAR では現在、ワクチン、診断薬、抗体試験を含む新型コロナウイルス感染症関係のプロジェクトに従事しています。

また、現在の状況を踏まえた治験の変更についての相談にも引き続き応じており、迅速なデータベース開発、効率的な治験設計/レビュー、規制当局とのコミュニケーションなど、治験のあらゆる面でお手伝いできます。 このパンデミックの影響から各治験で様々な課題が生じることを理解しており、懸念事項などにつきましては弊社のチームがご相談に応じます。 PHASTAR は、統計コンサルティング、統計プログラミング、データ管理、データサイエンスの能力を通じて、お客様をサポートすることができます。

PHASTAR のサービスについて知るにはこのボタンをクリック

PHASTAR は試験設計、統計解析、データ科学、データ捕捉、治験報告の専門家です