PHASTAR Opens Tokyo office and names Ryan Hara as Director of Biometrics

ファスターの日本進出と代表者の就任について 

日本・東京、イギリス・ロンドン発 – 20200622  医薬品業界で統計コンサルティング、臨床試験のレポーティング、データマネージメント、データサイエンスをリードするグローバルCRO、ファスターは原 頼安がBiometrics Director(バイオメトリックス ディレクー)に就任しましたのでお知らせ致します。ファスターの東京オフィスは世界で12番目のオフィスで、戦略的なオペレーションの拠点となり、日本のお客様をサポートし、ファスターの成長過程において重要な拠点となります。 

原 頼安はカリフォルニア大学ロサンゼルス校で数学の学士号、ケンブリッジ大学にてMBAを取得しており、製薬会社及びCROにてアメリカ、EU、日本における新薬申請を含む統計解析の豊富な経験を有しており、前職ではグローバルCROにて日本及び中国の統計・データマネージメント部門を統括しておりました。 

ファスターの創業者でCEOのKevin Kaneは次のように述べています。「アメリカ、ヨーロッパ、ケニア、オーストラリアに加えて日本の東京にオフィスを展開できることを大変光栄に思います。また原 頼安の豊富な経験がファスターのグローバルレベルの高品質なサービス、統計・データサイエンスの専門性を日本のお客様に提供することを可能にします。我々は原 頼安が日本でのオペレーションを統括することを楽しみにしております。」 

この度就任した原 頼安は日本オフィスを統括し、ファスターのビジネス戦略、営業活動、臨床試験プロジェクトの遂行、スタッフの採用と育成、そして日本とアジア地域のマーケットにおいてのビジネスの拡大、マーケティング活動に責任を持ちます。また東京オフィスのシニアレベルのスタッフをマネージメントし、臨床試験のプロジェクトが高品質かつ納期に間に合うように監督してまいります。 

ファスターについて

ファスターはグローバルなCROであり、統計コンサルティング、臨床試験のレポーティング、データマネージメント、データサイエンスのサービスを専門のコンサルタントの派遣、受託型、FSP、パートナーシップ契約等、様々な形で提供しています。ファスターは12の都市にオフィスがあり(アメリカ、イギリス、オーストラリア、ドイツ、ケニヤ、日本)、既存の顧客、将来の顧客にサービスを提供するためにアジアに新しい拠点を開く予定です。ファスターが一番大切にしている事は我々の提供するサービスが高品質であるということです。全てのプロジェクトで高品質を保証するために独自の社内プロセスを徹底しています。ファスターの統計、プログラミング、データマネージメント、データサイエンスのすべての社員は「PHASTAR Discipline - 社内の独特なデータ収集と解析へのアプローチ」 の教育を受けています。まれに見過ごされるこれらの常識的な原則に従えば高品質な成果物を保証できます。この「PHASTAR Discipline」は社内のイントラネットにチェックリストがあり、そこには頻繁に起こりうるエラーや臨床試験を実施する際の注意すべき点に関して、全社員の3,000年分に相当するの経験と知識が集結しており、会社内で共有されています。詳細は、PHASTAR contact This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.までお問い合わせ下さい。


Tokyo, Japan and London, UK – 22nd June 2020 –PHASTAR, a global CRO offering industry leading statistical consulting, clinical trial reporting, data management and data science services, announced today that the company has officially opened its Tokyo office, led by Ryan Hara as Biometrics Director.  PHASTAR’s Tokyo office, its 12th global office, will serve as a strategic operational hub to support PHASTAR’s Japanese customers and is a key element of PHASTAR’s current growth cycle. 

Having gained a BSc in Mathematics and Economics at the University of California at Los Angeles and an MBA in Business Administration and Management at the University of Cambridge in the UK, with a background in programming, Ryan has extensive experience working in the pharmaceutical and CRO industry and  leading a clinical analytics department in both Japan and China, which have supported successful new drug submissions in the US, EU and Japan.

 “We are delighted to add to our global footprint with our Tokyo office, alongside our existing presence in the US, Europe, Kenya, and Australia,” said Kevin Kane, CEO and founder of PHASTAR.  “Ryan’s extensive experience allows PHASTAR to expand its global, quality, expert biometrics and data science services to Japan. We look forward with optimism to Ryan leading our Tokyo operations.” 

Leading the new office, Ryan will have responsibility for delivering PHASTAR’s business strategy in Japan – business development, plans and processes for delivery of clinical trial projects, alongside staff recruitment and development as well as other areas related to business growth, increasing awareness of PHASTAR’s services in the Japanese and Asian markets. Ryan will also manage senior technical members of the Tokyo team and will be involved in oversight of projects to ensure clinical trial projects are delivered to agreed timelines with optimal quality. 

ABOUT PHASTAR

PHASTAR is a global CRO offering statistical consulting, clinical trial reporting, data management and data science services by providing expert consultants and managing and delivering in-house projects, FSP style arrangements and preferred partnerships. PHASTAR currently has over staff across 12 offices (United States, United Kingdom, Australia, Germany, Kenya and Japan) with plans to open additional locations in Asia to serve prospective and existing clients. PHASTAR’s number one priority is to ensure that the work produced is of the highest quality. Every project PHASTAR undertakes utilizes unique internal processes which are designed to ensure optimal quality.  All PHASTAR’s statistical, programming, data management and data science staff are trained in the “PHASTAR Discipline” - an in-house approach to data analysis and collection. This comprises a set of common sense (but commonly ignored) principles that, if followed, guarantee error free outcomes. The “PHASTAR Discipline” also includes a series of intranet-based checklists highlighting potential pitfalls and points-to-consider when conducting clinical trials, enabling over 3,000 years of combined technical knowledge to be shared across the company.  For further information on PHASTAR contact This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it..